WWE バックラッシュ2018結果

2018年5月6日(日本時間5月7日)に行われた、WWE・PPV大会、バックラッシュ2018の結果です。

第1試合(キックオフショー)
ベイリー×
VS
ルビー・ライオット○

フィニッシュ:ライオットキック


第2試合 インターコンチネンタル王座戦
[王者]セス・ロリンズ○
VS
ミズ×

フィニッシュ:ブラックアウト
セス・ロリンズ選手が王座防衛!


第3試合 RAW女子王座戦
[王者]ナイア・ジャックス○
VS
アレクサ・ブリス×

フィニッシュ:サモアンドロップ
ナイア・ジャックス選手が王座防衛!


第4試合 US王座戦
[王者]ジェフ・ハーディー
VS
ランディ・オートン×

フィニッシュ:スワントーンボム
ジェフ・ハーディー選手が王座防衛!


第5試合
ダニエル・ブライアン ○
VS
ビッグ・キャス×

フィニッシュ:イエスロック


第6試合 スマックダウン女子王座戦
[王者]カーメラ
VS
シャーロット・フレアー×

フィニッシュ:シャーロット選手が痛めた膝裏へのスーパーキック
カーメラ選手が王座防衛!


第7試合 WWE王座戦・ノーDQマッチ
[王者]AJスタイルズ△
VS
中邑真輔△

反則裁定なしのため、イス攻撃、金的もOK。
最後は両者が同時に金的を蹴り上げダウン。
二人とも10カウントで立ち上がれず、両者KOに!

フィニッシュ:ダブルノックアウト
AJスタイルズ選手がWWE王座防衛!


第8試合
ブラウン・ストローマン、ボビー・ラシュリー○
VS
サミ・ゼイン、ケビン・オーエンズ×

フィニッシュ:ブレーンバスター


メインイベント
ロマン・レインズ○
VS
サモア・ジョー×

フィニッシュ:スピアー


中邑選手はまたも王座獲得ならず…。
両者KOなので、今後もAJ選手との抗争ストーリーは続いていくと思われますが、果たして悲願の王座獲得はなるのか?
もう7~8回は挑戦してると思うんですが、なかなか獲らせてくれませんね…。

同期の後藤洋央紀選手はIWGPヘビー8連敗中ですが、8回目の挑戦時、チャンピオンのオカダ選手に
「何回も挑戦して、何回も獲れないで、なんだろうなぁ…恥男っていうんですかね。ほんと、よくもまぁそんな恥をかけるなと思いますけどね」
とまで言われています。

過去には後藤選手を「存在感がない」「透明人間」とこき下ろしていた中邑選手。
WWEと新日本なので全然違うのはわかっていますが、不名誉なタイトルマッチ連敗記録に並んでしまった中邑選手の今後の展開に期待!

存在感って意味では中邑選手は誰よりもあるけど。


スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿