レスリングどんたく2018試合結果!

レスリングどんたくシリーズが終了しました!
本隊とCHAOS、LIJと鈴木軍の抗争、バレットクラブの内紛と多くのテーマがありました。
レスリングどんたく終了で上半期のビッグマッチである大阪城ホール大会への流れが見えてきましたね。

5月4日 福岡国際センター大会結果

第1試合
獣神サンダー・ライガー、タイガーマスク、田口隆祐○
VS
海野翔太、成田蓮×、上村優也

フィニッシュ:オーマイ&ガーアンクル


第2試合
永田裕志、岡倫之×
VS
高橋裕二郎、チェーズ・オーエンズ○

フィニッシュ:パッケージドライバー


第3試合
ロッキー・ロメロ、SOH○、YOH
VS
飯塚高史、タイチ、TAKAみちのく×

フィニッシュ:3K


第4試合
真壁刀義、トーア・ヘナーレ×
VS
石井智宏○、矢野通

フィニッシュ:垂直落下式ブレーンバスター


第5試合
ジュース・ロビンソン、デビッド・フィンレー×、マイケル・エルガン
VS
後藤洋央紀、ジェイ・ホワイト、YOSHI-HASHI○

フィニッシュ:カルマ


第6試合
内藤哲也○、EVIL、SANADA、BUSHI、高橋ヒロム
VS
鈴木みのる、ランス・アーチャー、デイビーボーイ・スミスJr.、金丸義信×、エル・デスペラード

フィニッシュ:デスティーノ


第7試合
ケニー・オメガ、飯伏幸太、バッドラック・ファレ○、タマ・トンガ、タンガ・ロア
VS
Cody、ハングマン・ペイジ、マーティー・スカル×、マット・ジャクソン、ニック・ジャクソン

フィニッシュ:ボディプレス


セミファイナル IWGPジュニアヘビー級選手権試合
[王者]ウィル・オスプレイ○
VS
KUSHIDA×

フィニッシュ:ストームブレイカー
ウィル・オスプレイ選手が3度目の防衛に成功!


メインイベント IWGPヘビー級選手権試合
[王者]オカダ・カズチカ○
VS
棚橋弘至×

フィニッシュ:レインメーカー
オカダ・カズチカ選手が12度目の防衛に成功!
防衛新記録達成!


主な出来事としては…

第6試合終了後、花道を引き上げている内藤選手に、観客席からマスクを被った謎の人物が襲撃!
鉄柵などで一通り暴行したあとリングに連れ戻し、マスクを取りました。その正体は…

クリス・ジェリコ選手!

さらに流血している内藤選手にゴング攻撃で追い討ちし、ヤングライオンをボコボコにしながら引き上げて行きました。
4月29日のレスリング火の国熊本大会で、新IWGPインターコンチネンタル王者となっている内藤選手。
これにより、大阪城ホール大会でのIWGPインターコンチネンタル選手権試合が決定的になりました。

第7試合のバレットクラブ同門対決終了後、挑発するCody選手を追いかけてオメガ選手がバックステージへ消えました。
その後リングに高橋裕二郎選手とチェーズ・オーエンズ選手が上がり、飯伏選手以外の全員がTooSweetで結束。
これによりバレットクラブは、Cody選手、ゴールデン・ラヴァーズ、その他のメンバーが新バレットクラブと3つに分かれるような形に。

セミファイナル終了後、防衛を果たしたオスプレイ選手の前にタマ・トンガ選手が現れ、マイクを開始。
その背後からボーンソルジャーのマスクをつけた選手がリングインし、オスプレイ選手を襲撃しKO!
タマ・トンガ選手がマスクを取った正体は…

3月にノアを退団した石森太二選手!

これにより次期シリーズ、ベスト・オブ・ザ・スーパーJr参戦が決定的になりました。

メインイベント終了後、防衛新記録を達成したオカダ選手が、次期挑戦者にケニー・オメガ選手を指名。
V12の防衛ロードで唯一引き分けているオメガ選手に、引き分けなしの無制限での試合を提案。
これに対しオメガ選手は、何と時間無制限の3本勝負を逆提案!
これをチャンピオンが受諾し、大阪城ホール大会で時間無制限3本勝負でのチャンピオンシップが決定的になりました。

個人的には内藤選手VSジェリコ選手のIWGPインターコンチネンタルチャンピオンシップが行われそうで、以前の記事で書いた予想が的中して、ちょっと嬉しい(^-^)

次はベスト・オブ・ザ・スーパーJr。Jrの祭典を思う存分楽しみましょう!


スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿