BEST OF THE SUPER Jr.25

BEST OF THE SUPER Jr.25が終わりました。

優勝決定戦はテレビ観戦できたのですが、すげー試合でした…。
僕的には今年上半期のベストバウトです。

高橋ヒロム選手、初優勝おめでとうございます!
二代目ボーンソルジャーこと石森太二選手、素晴らしい試合をありがとうございます!

忙しくて今回のスーパージュニアはなかなか見ることができなかったのが残念でした(´д`)

ライガー選手卒業後初のスーパージュニアということで、新しいジュニアの象徴は誰なのかというテーマもあった今シリーズ。

5年前、BOSJ20の最終戦で海外武者修行を発表したヒロム選手。
その時のコメントが

「新日本プロレスのリングに帰って来たときは、IWGPを巻いて、ゴールデンタイムで試合する夢を、必ず叶えます!!」

でした。

凱旋後、IWGPJrを巻き、今回のBOSJ初優勝。
試合後のマイクで5年前と同じ夢を語ったヒロム選手に感動しました。

石森選手もノア退団後、フリーとして初の大舞台でした。
身長163cmと小さな体格ながら、凄まじい肉体とパワー。
初戦で現チャンピオンのオスプレイ選手に勝ち、その勢いのまま決勝進出と絶大なインパクトを残しました。
是非新日本に継続参戦して、ジュニア戦線を盛り上げてもらいたいです。

次は来週のドミニオン。ヒロム選手は新たなジュニアの象徴としてベルトを巻けるのか?
注目です!

内藤選手、破壊したトロフィー直してあげて…(´д`)
東スポさんのファミレスシリーズでトロフィーの今後を追っかけてくれんかなw


スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿