関西空港が再開。アクセス方法と今後。しかし僕は…

本日7日、ピーチ・アビエーションと日本航空で国内線の一部が再開されました。

8日には国際線の一部も再開されます。

台風の被害のなかった第2ターミナルの滑走路での運行となり、冠水した第1ターミナルの滑走路は9月半ばの再開を予定しているようです。

マイカーでは空港に入ることができないので、利用者は神戸空港からの高速船か、泉佐野駅やりんくうタウン駅からのシャトルバスを利用するしかありません。

道路はタンカー衝突の影響のなかった上り線を対面通行にして再開されています。
緊急車両、バス、空港内の企業の関係車両のみが通行可能で、一般車両の通行の目処は立っていません。

鉄道は10月上旬の再開を目指すとなっており、鉄道の再開が始まってから、下り線の再開に向けた対処が行われるようです。

空港内の企業の関係車両が通行できるようになったので、昨日同僚が国際貨物地区にある営業所を確認しに行ったそうですが、泥や瓦礫で悲惨な状況だったようです。

国際貨物地区含め空港内の多くの場所で、現在も停電、断水が続いており、片付けや掃除すらままならないと言っていました。

作業に使う機械やパソコンなど、電気を使う物の配線は全て水に浸かり、故障しているかもしれないので、作業再開はすぐには無理だとも聞きました。

それでも停電、断水が解消されれば、夜でも片付けや掃除ができるので、私たちも出勤できるのですが、解消されるまでは休業状態のままです。

何にせよ大きなトラブルもなく、一部ではありますが空港の機能が再開されたことはよかったですし、大きな一歩です。

再開に向けて尽力して頂いている関係者の皆様、本当にありがとうございます。
くれぐれも無理をせず、頑張って頂きたいと思います。


9月8日 追記

9月8日現在、関西空港へのアクセス方法は
 
 りんくうタウン駅からのシャトルバス
 大阪駅前線、なんば線等の一部リムジンバス
 神戸空港からのベイシャトル(高速船)

の3つです。

JR日根野駅、南海泉佐野駅から出ていた臨時シャトルバスは、りんくうタウン駅まで鉄道が復旧したため、8日より出ていません。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿