パチスロ交響詩篇エウレカセブン3 初打ち感想 SPEC3 MODEからのエンディング到達!中段チェリーも引いたよ…

2019年12月18日水曜日

パチンコ、パチスロ



パチスロ新台「交響詩篇エウレカセブン3 HI-EVOLUTION ZERO」の初打ち感想です。

5号機前半に大ヒットした初代エウレカセブンが登場したのが10年前。

当時は好きでめちゃめちゃ打ってた記憶があります。

好きすぎてこんなの買ったぐらい。

















エウレカセブン2とAOにはあまりいい思い出はないですが、是非とも触っておきたい台なので楽しみにしてました。

今回も打ち込めるような楽しい台だといいなぁ。



スペック


設定ボーナスAT合算出玉率
設定11/257.51/365.71/151.198.00%
設定21/247.11/342.61/143.698.80%
設定31/231.91/330.21/136.2100.50%
設定41/204.21/282.31/118.5104.30%
設定51/189.01/265.51/110.4107.10%
設定61/165.41/220.31/94.5111.20%

※スマホで表が画面からはみ出している場合、横スクロールできます。
※ボーナス確率はAT中のボーナスを含みます。
※AT確率は1セットの出現率です。


サミーの6号機AT機で、AT純増は1.8枚/1Gまたは4.5枚/1G。

天井は

  • 707G+αでBIGボーナス
  • 10周期到達でボーナス+AT
  • 303G到達の一部でBIGボーナス
となっています。

10周期天井は707G以内で10周期に到達しなければならないので、今回打った感じだとレアケースな感じがします。

1周期目や7周期目など当選率が濃い周期もありますし、周期ポイント獲得ゾーンの突入が悪ければまず707Gで10周期は難しいと思います。


ゲームフロー


ゲームフローは

 周期抽選に当選→疑似ボーナス(赤7BIG、白7BIG、REG)→BIG後ならSPバトル、REG後なら押し順当てをクリア→AT「コーラリアンモード」

がメインとなります。


初代でもあった通常時リリべ後の「ねだるな勝ち取れ」の押し順当ても健在で、成功すれば複数ストックのAT直撃!


コンパクカウントチャンス(KCC)


この台の周期抽選は分子、分母の概念があり、
















通常時に加算されていくポイントが分母の数に到達すると1周期となります。
(分母は1000からスタート)


コンパクカウントチャンスはこの周期ポイントの獲得、減算ゾーン。

通常時のレア小役の約1/4、高確中ならハズレでも突入抽選が行われ、トータルの突入率は約1/63となっています。

ハズレ、ベルを引き続ける限り継続しポイントを獲得。

リプレイ、レア小役で液晶に示された倍率をかけて加算され終了。

レア小役で終了した場合は前兆を経由して再度突入します。










KCC中は分子を加算し、分母を減算してくれるので、続けば続くほど周期到達が近づきます。

また減算した分母は周期抽選でボーナスに当選しなくても減ったままとなり、次の周期は分母が少ない状態からスタートするので、周期到達が早まります。

大幅に分母を減算できれば早いG数で周期抽選も受けられるし、最悪当たらなくても天井までに10周期到達も見えてきます。

KCCでどれだけヤレるかがこの台の結構なキモとなります。


BIGボーナス


BIGボーナスは赤7揃い、白7揃いの2種類。

チャンスゲーム+JACゲームで構成されていて、赤7ならチャンスゲームとJACゲームが3回、白7なら2回となります。


赤7、白7ともにチャンスゲームからスタート。

チャンスゲーム中は純増1.8枚/1Gで、リプレイを引くとJACイン。

JAC中は純増4.5枚/1Gに増加し、規定G数消化でチャンスゲームに戻ります。


平均獲得枚数は赤7が約255枚、白7が約170枚ですが、チャンスゲームには保証G数もリプレイハズシもありません。

チャンスゲーム中にリプレイのヒキが良すぎると、すぐにJACインしてBIGが終わってしまうので、リプレイを引かないことを祈りましょうw


BIG消化中はハズレ、レア役でBIG後に突入するSPバトルの勝率アップ抽選が行われます。

また7を狙えカットインが発生する可能性があり、揃えばAT確定!


BIG後はSPバトルに突入。

BIG中に貯めた期待度を参照してバトル勝利を抽選し、ホランドが勝てばATに突入します。


またBIG当選の一部でエピソードBIGとなり、専用エピソードが発生。

エピソードBIG当選時はコーラリアンモードも確定します。


エピソードBIGの出現率は設定差が大きく、

  • 設定1で約1/7500
  • 設定6で約1/1700

なので、一日に複数回引けたら高設定の期待度が格段に上がります。

REGボーナス


REGボーナスは20G+押し順当て5G構成。

平均獲得枚数は約36枚。

前半20Gではレア役で「セブンチャンス」突入を抽選していて、突入した場合は指定図柄を狙う演出が発生。

クリアできればBIGに昇格します。


後半はシリーズおなじみの押し順当て。

3回正解でAT突入となります。

押し順正解で1ポイント、弱レア役で1ポイント、強レア役で2ポイント獲得でき、3ポイント以上でAT当選濃厚。


ベル間でハマれば押し順ナビが発生する可能性があり、全ナビの場合もあり。

レア役を引いてもベル間ハマリは有効なので、ベルをできるだけ引かないことがAT突入の近道ですね。


AT「コーラリアンモード」





コーラリアンモードは1セット30G、純増1.8枚/1GのAT。

消化中はボーナスへのCZ「エアリアルチャンス」を目指します。

ATにはレベルが存在し、ATレベルは通常時の周期到達でアップ抽選、天井到達でATレベル2以上(ATに当選したら)が確定します。

ATレベル2以上ならATのループ抽選や高確移行が優遇されるので、継続のチャンスとなります。


・エアリアルチャンス

AT中もボーナス抽選はされていて、ボーナスを3回引くと上位AT「SPEC3 MODE」に突入します。
(SPEC3 MODEの詳細は後述)

なのでAT中はボーナス当選を目指すのですが、ボーナスへのCZとなるのがエアリアルチャンスです。

主にレア役で抽選されていて、AT中のステージで当選率が変化。

 遠距離ステージ<近距離ステージ<ファイナルチャンス

の順でエアリアルチャンス当選の期待度が高くなります。


エアリアルチャンスは5G保証。

ハズレ、ベルで継続し、保証G終了後のリプレイで転落します。

コーラリアンを100体撃破できればボーナス確定となります。

100体撃破できなくても再度ATからエアリアルチャンスに突入させることができれば、1回目で撃破した分は引き継がれますので、何としても入れたいところ。

ここが一番の叩きどころだと思います。


・AT中のボーナス

AT中のボーナスはBIGのみ。

ボーナス中は通常時と同じですが、終了後のSPバトルに勝利できれば「EX JAC」に突入します。

EX JACは1セット15Gのループ式のJACゲームで、ループ率は50%。

純増は4.5枚/1Gとなります。

7セット継続でコーラリアンモードをストックします。


SPEC3 MODE











SPEC3 MODEは、AT中にボーナスを3回引くと突入する上位AT。

1セット10Gで、純増は4.5枚/1G。

消化中は全役で継続ストックを抽選します。

「I CAN FLY」のロゴ獲得で次セット継続が濃厚。

ストック獲得を管理する表モードとストックがない場合の継続を管理する裏モードで継続抽選していて、エンディング到達率はなんと約40%!

消化中に2100枚を超えるとエンディング抽選がされるようです。


HI-EVO MODE


HI-EVO MODEは
  • ねだるな勝ち取れ(アドロックバージョン)成功時
  • KCC中の中段チェリー時
  • REGボーナス開始時のフリーズ
で突入するこの台最強の上乗せ特化ゾーン。

突入時30Gのエピソード+100G継続し、純増は1.8枚/1G。

消化中は約1/23でBIGボーナスを抽選します。


ロングフリーズ


ロングフリーズは2種類で
  • 中段チェリーの1/12(1/65536)
  • REGボーナスの一部
で発生。

恩恵は中段チェリーからフリーズは赤7+コーラリアンモード5セット、REGからはHI-EVO MODE突入となります。


実戦データ


導入2日目のホールに夕方到着。

エウレカ3は4台導入なのですが、3台が空き台とヤバそうな雰囲気…。

とりあえず深いハマりの少ない台でスタートします。


 エウレカセブン3 約2000G ボーナス7、AT9 20G~

 687 白7(中段チェリー) 14K
 191 REG(1周期) 
 734 白7(天井) 16K
 201 ヤメ

 別の台に移動→2Kで白7→即ヤメ
 元の台に戻る

 319 白7(303G天井)
 439 REG(2周期、3回正解) 4K
     7 AT(エアリアルチャンス成功→白7)
     8 AT(エアリアルチャンス成功→赤7)
     7 AT(2セット、エアリアルチャンス成功→白7)
     1 SPEC3 MODE(27セット→エンディング突入)
     1 ヤメ 2449枚
     

どうにも当たる気がしない状況が続き、天井付近も2回。

1回は天井行って、もう1回は天井直前に中段チェリーで回避するも、白7のみ。


BIG引いてもATに突入する気が全くしないねw

勝率の最高が24%やし…。

天井行っても最高が7周期やったんで、KCCに入らないと10周期はかなり厳しいです。


次入らなかったらヤメようと思ってたところで引いたのはREG。

押し順1G目にスイカ、ベル間で3Gハマって全ナビ、最終5回目のベルを自力で当て、36K使ってようやく初ATに突入。


僕以外の3台も36K使ってる間に稼働されてて、AT入っても500枚ぐらいでみんな終わってたのを見ていました。

「こんなん捲れるわけないやん」

不可能と思ってたのが良かったのか、レア役をポンポン引きつつボーナスを重ねることに成功。

相変わらずボーナス後のバトルは勝てませんが、無事に3回目のボーナスも引けて、エンディング期待度40%のSPEC3 MODEへ。

ここからは純増4.5枚やし、捲れるかもしれない…



















I CAN FLYしまくること23セット目、コンパクドライブがレインボーに変わり、セットごとに歌がメドレーみたいに流れ出す。

これはエンディングいったってことなのかな?
















エンディングのスタートがすぐ切り替わって写真取れませんでしたが、ムービーが終わって後は消化するのみ!

















無事捲って終了!

スランプグラフはこんな感じ。












僕に変わるまではトントン付近をキープしてたのに、変わった途端に急落するのはなんでなのかw


感想


感想としては、BIGからATに入れるのがまず至難の業…。

中段チェリーからでも白7だけで終わったし、どうすりゃ入るのかってレベル。

REG引いて押し順当てる方が確率高そうな気がするぐらい、BIGには絶望しかありませんでした。

通常時に強スイカを引いたら、毎回表示されている分母のポイントが一撃で入って周期に到達したので、KCC引けなくても強スイカのヒキが良ければ10周期も見えてきますね。
(強チェリーは引けなかったので知らない)

AT中は弱レア役でもエアリアルチャンスに結構入るし、ベルさえ引ければ撃破もそこまで難しくなさそうなので、いいと思います。

SPEC3 MODEは純増早いし楽しかったです。


BIGからATより、AT中にSPEC3 MODE入れる方が難易度低く感じたので、ATさえ入ればなんとかなる!って感じの印象です。

キツいのは間違いないですけどね…


サミーおなじみのトロフィーの示唆もあるので、そのあたりも踏まえて続行の判断をすることになると思います。


本日 +7K

スポンサーリンク


この記事の関連記事

プロフィール


crumbs(クラムス)と申します。
パチンコ、パチスロ、新日本プロレスが大好きなダブルワーカーです。
よろしくお願いいたしますm(__)m

ツイッターもやってます。

ブログアーカイブ

QooQ